前へ
次へ

安易な気持ちから法律違反にならないように注意

昨今、インターネット上に写真を投稿することによって報酬がもらえたり、ポイントがつくシステムを採用しているサイトが多くあります。
そのため、手っ取り早く写真を手に入れようと、ネットで探して見つけた写真を無断で掲載する人が多くなり、著作権法という法律に触れるとして摘発される事例が増えてきています。
たいていは、報酬をもらうために使えそうだとか、ネット上にある写真なら使っても構わないと思ったといった具合に、悪意があってやったことではないという人が多いのですが、法律における著作権に関しての知識がないばかりに、著作権法を侵害していることに気づいていない状況です。
ソーシャルネットワーキングサービスでの自分の投稿をたくさんの人に褒められたいあまりに、勝手に写真を拝借することが違法になるということを知らずにやっていること自体に大きな危うさを感じます。
ある日突然、著作権侵害で訴えられることのないよう、くれぐれも写真は自分で撮影した物、文章は自分で考えたものを使うことが大事です。

Page Top